結婚相談所マリーゴールド

結婚相談所は八尾市・宝塚市の「マリーゴールド」へどうぞ。豊富な実績と経験を持った婚活のプロがご縁を結ぶお手伝いを致します。安心できる明確な料金プランにより、ご契約からご成婚までしっかりとサポート。皆様のご入会を心よりお待ちしております。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

今でこそ当たり前のサービスとなった結婚相談所というサービスですが、この歴史については意外と知らない人もいるかもしれません。結婚相談所の起源は江戸時代まで遡るといわれています。江戸時代の中期ごろから、街にある茶屋等で男女それぞれの世話人と呼ばれる人が、出会いを求めている人同士をセッティングしてお見合いを行っていたという事が、結婚相談所のサービス形態の始まりとされています。その後、そうした出会いセッティングする人たちのお客さんは武士等の高階級層にも広まっていき、結婚相談所のようなサービスと、職業安定所のようなサービスを並行して行っていたとされています。その2つの中で、特に出会いの場のセッティングの方が儲かるという事で、民間はそちらの業務を積極的に行うようになりました。その後、現代的な結婚相談所としての形が確立したのは、明治初頭の大阪になります。大阪から東京等に人口が流出してしまった事や、戦争で結婚適齢期の男性が多くいなくなってしまった等という要因が重なり、現在の原型となるサービスが大盛況となりました。昭和になるとさらに結婚相談所の数は増加して行き、東京には公立の相談所があったほどです。そして、現代型の相手の趣味・趣向やお互いの条件のマッチング情報等を基にしたサービスが開始されたのは、昭和40年代の後半になります。ちょうどその時期に、結婚相談所に新たなニーズを求められていたドイツで発展したシステムで、それが好評という事で日本にも伝わってきました。初めは実験のために持ち込まれたシステムでしたが、それが日本の男女のニーズにばっちり適合し大成功を収めたことから、このスタイルの結婚相談所が流行して行き、現在に至っています。そんな結婚相談所は現在でも進化を続け、年々多様化する男女のニーズに応えられるように、検索システムにAIの技術を利用する等の数々の最新鋭の取り組みも徐々に広まりを見せつつあります。
Tagged on: ,結婚相談所マリーゴールド