個別指導学習塾Wam


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

少子化の影響が家庭における子供の教育にも影響が出ているようです。最近の大学進学率が6割に近づく一方で、以前よりも多くの家庭で子供のスポーツや芸術活動にも関心を持たざるを得ない状況になっています。従って、中学、高校の部活では子供に自分で取り組んでみたいと考える種目を選ばせて個別指導塾の勉強と両立させてあげようとする生活環境を用意する家庭が増えています。子供の生き方に関心を高めて、できるだけ協力してあげようとする親の姿勢が一昔前とは比べようもないくらい高くなっているようです。ところが、親が懸命に前のめりになっても子供の中には性格的に周囲に数多くの競争相手がいないと切磋琢磨する気持ちが強まらないタイプの子供もいます。このため、子供によっては折角、個別指導塾に通い、学業と部活が両立できる環境になってもどっちつかずの意気込みに陥ってしまうケースもあるということです。そこで、塾選びする時や学業と両立を図ろうとして部活生活に入る時期に親は個別指導塾の講師も交えてその後の進め方を話し合い、フォローした方が後悔しないで済みそうです。また、こうした機会に信頼のおける塾講師が担当になっているかどうか、親が経歴や実績を確認しておくことも必要になるようです。塾によっては実績の少ないアルバイト講師を抱えていることがあるからです。こうして、中学、高校と進級していくうちに親は子供自身の気持ちも聞きながら、時間をかけて指導塾の勉強と部活の両立具合をフォローしてあげた方が良いといえる時代です。子供によっては部活を続けている内に学業以外の目標を見出して、スポーツや芸術活動等に力を注ぎたくなるケースが出てくることもあるはずです。子供が成長する過程で自分の進みたい道を真剣に考えだすとその時点から改めて軌道修正するケースがいくらでも起こり得ることを親は覚悟しておくことも必要です。もちろん、学業とスポーツなどの両立を図ろうとする子供もいるので、本人のやる気を大切にしてあげることが指導塾の勉強効果を倍加させることにつながるといえます。
Tagged on: ,個別指導学習塾Wam