ラパン・エンターテインメント


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

身長も高く抜群のプロポーションに恵まれている人なら憧れを抱くのがモデルという職業、美しい容姿にナイスなスタイル、モデルという仕事がピッタリです。でも未来のスーパーモデルを夢見て活躍をするなら、何処に所属をするべきかも決める必要があります。雑誌などで活躍をするモデルたちは、個人で毎回クライアントからの仕事を引き受けるわけではなく、基本的に所属する事務所を通してのオファーだからです。それはモデルのオーディションであっても一緒、先のことまで考えて活躍をするなら、モデル事務所にするか芸能プロダクションを選ぶかも決める必要があります。世の中のモデルたちはみんなモデルプロダクションに所属しているわけではなく、芸能プロダクションに所属しながらモデル活動をする人たちも多いです。モデルという目標はあるものの、そもそもモデル事務所と芸能プロダクションの違いも、あまりわかっていないこともあります。どちらに所属をしてもモデルという仕事をするチャンスはありますし、どちらじゃないと絶対ダメといったルールもモデルにはありません。芸能プロダクションに所属するのは女優や俳優などのタレント、モデルもいればお笑い芸人がいることも、幅広い分野の芸能活動をする人たちが終結したところです。また芸能プロダクションは会社であり、そこに所属するのは契約でつながる人たち、わかりやすく言えば会社員と変わらないといえます。お給料に関しては一律ではありませんが、人気次第で高い報酬も夢ではありません。エージェンシーといわれるのがモデル事務所、モデルは仕事を直接受けず間にエージェンシーが入るため仲介役、だから会社員みたいな働き方とは違い、モデル事務所との関係は上下ではなく対等、自分の頑張りと人気次第でモデルとして次々に仕事のオファーも期待ができます。どちらに所属するかはモデルを目指す本人次第、どちらにも良い面がありますから自分にとって都合がよく、未来のモデルの活躍にもプラスになる事務所選びをすることです。
Tagged on: ,ラパン・エンターテインメント