ダイビングライセンス.net


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ダイビング初心者が体験ダイビングよりレベルの高いダイビングを行いたい場合、ダイビングライセンスを取得する必要があります。そして、まずはレクリエーションのために使える、オープンウォーターの取得を目指すことになるでしょう。オープンウォーターのダイビングライセンスを取得するためには、講習を受けなければなりません。大抵の場合は、身近にあるダイビングショップで、講習を受けることになります。講習によって、ダイビング器材の使い方や、潜っている時に必要な動作などを学んでいきます。講習自体は座学なので、ダイビングショップによってはオンライン講習を実施しているところもあります。オンライン講習であれば、自宅で受けられるので、ある程度自由なタイミングを選ぶことが可能です。座学講習が終われば、学んだ内容をプールで実践することになります。ダイビングショップに足を運び、実際に水の中に入りながら器材を使ったり、学んだ動作を試したりします。プール講習の期間は1日あるいは2日で、ダイビングショップによって異なります。座学とプール講習が終われば、最後に実際に海に入る海洋実習を受ける必要があります。基本的には、2日にかけて海の中に潜っていきます。海洋実習はあくまでもライセンス取得が目的ですが、決して気負う必要はありません。ダイビングを楽しみながら、実習を進めていくことが可能です。海洋実習は、和歌山や静岡、沖縄などで実施することが多いです。実際にどこで実施されるかは、ダイビングショップによって異なります。そのため、自分が潜ってみたい海を、実習場所にしているダイビングショップを選ぶというのもひとつの手です。また、効率的にライセンスを取得することだけを考えて、近場の実習場所を選ぶのも良いでしょう。海洋実習が問題なく終われば、オープンウォーターのダイビングライセンスを取得できます。そして、ダイビングショップ次第では、オープンウォーターよりもレベルの高いダイビングライセンスの取得を目指すことも不可能ではありません。
Tagged on: ,ダイビングライセンス.net