いずみ葬祭


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人の一生は誰でも限られています。つまり、誰もがいつかは死を迎えることになるのです。そのようなときはゆっくりと訪れる時もあれば、いきなり訪れる時もあります。例えば身内で介護を行っている人がいる場合、その人の病気が徐々に進行していくと、もうすぐお迎えが来ると予感できるものです。しかし、事故や突発的な病気の場合にはそうもいきません。突然大切な身内を失ってしまうこともあり得るのです。そのようなときは、どうしても慌てふためいてしまいます。身内が突然亡くなった場合には、葬儀の手続きなどで遺された身内が対応に追われることになります。身内を失った経験がない人の場合には、どのような行動をとればよいかもわかりません。日本では人がなくなった場合には、葬儀を挙げるのが一般的です。しかし、最近では葬儀をしないで「火葬式」と呼ばれるものを選ぶ人も増えています。火葬式は直葬とも呼ばれています。つまり、一般的な通夜や告別式を執り行うことなく、火葬場へ行ってご遺体を火葬して、荼毘に付されるというものです。火葬式のメリットは、一般的な葬儀を行うことがないので、手間が省けるということがまずあります。他にも、葬儀には費用が掛かるものですが、葬儀費用を浮かせることが出来るのがもう一つのメリットです。ただし火葬式の場合であっても、専門の業者に依頼をしてご遺体を火葬場まで運ぶことになります。また、亡くなった人の遺体は24時間は火葬してはいけないという法律もありますので、火葬式の場合には24時間は待機することにもなります。火葬は1から2時間ほどの時間がかかります。ご遺体を火葬して、その後熱を持ったお骨を冷ます時間も必要だからです。このように、火葬式の場合でも一般葬ほどではありませんが、やや手間がかかります。町田市でも、その他の地域でも火葬式はどこでも行うことが可能です。依頼する場合には、葬儀業者に火葬式を望むことをしっかり伝えることが重要です。
Tagged on: ,いずみ葬祭