日本コミュニケーション学院

東京都にある話し方教室の名門。あがり症専門33年。重度あがり症及び、どもり・吃音・声震えは成果保証。スピーチとプレゼン高度指導ほか会話・雑談力や人間関係改善と評判の話し方講座が勢揃い。業界トップのビジネス話し方教室として広く知られ、コミュニケーション全領域の指導が受けられる。渋谷区代々木が本部で新宿駅と代々木駅すぐ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人前でうまく話すことができない人はたくさんいます。緊張してしまって、話すことができなくなることは誰にでもありますが、慣れてくるとその緊張もほぐれてくることになります。しかし何度経験をしても緊張をしてしまう、ということがあったり、話すべきことを忘れてしまうという事態に陥ってしまうこともあるでしょう。そのような状態はあがり症と言えます。体が震えてしまうなどの症状が出ることもあるので、注意をしなければいけません。あがり症は精神的な疾患というわけではないので、特に治療を求めるものではありません。慣れることが最も大切になってくるので、慣れたいということであれば経験を多く積むことを考えてみるとよいでしょう。緊張をほぐす方法もインターネット上にはたくさん掲載されているので、チェックをしてみるとよいでしょう。参考になることも見つかるかもしれません。また小さいころから人前に出て話す機会があった、という人の場合にはあがり症になりにくいということもあるようです。それが当たり前の経験となってくるので、いつまでも緊張をしてしまうということは少ないと言われています。しかし子どもの頃から大勢の人の前で話すという機会もあまりないので、子どもの頃から慣れておくというのは難しいと言えるでしょう。大人になってからの経験であっても慣れるしか方法はないので、例えば人前で話すことを仕事にするという場合には、とにかく経験を積むしかありません。どうしても体が震えてしまうなどの症状が出て悩んでいるのであれば、あがり症を克服した人の体験談などを参考にするのもよいかもしれません。体験談の中に参考になることがあるかもしれません。それでも解決を見出すことができないということであれば、心療内科などを受診してみるとよいでしょう。緊張感を緩和させることができる薬などを処方してもらえることもあります。薬に頼ってしまうのは危険ですが、それでも何もないよりは良いでしょう。
Tagged on: ,日本コミュニケーション学院