CREWRAISE

赤坂見附の不動産会社なら高級マンションプレミアムクラブ「クルーレイズ(CREWRAISE)」。ハイクラスな都市不動産のスペシャリストとして賃貸、物件管理、売買、リノベーション、土地活用など、お客様のご要望に合わせた最善のご提案を致します。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産物件には、「動かない」という特徴があります。その点、動産と比較される事も多いです。建物周辺にある物を色々見てみますと、簡単に動かせる物とそうでない物があります。例えば自転車や日用品や植木鉢などは、簡単に動かすことができます。ところが地面の深い部分にまで根っこがある植物や、建物自体は簡単に動かす事はできません。建物は、原則として動かない状態になっているでしょう。というのも建物は、地面に設置された土台に固定されています。土台はかなり強く固定されていますから、簡単には動かない状態になっている訳です。土地物件にしても同様です。土地物件は、移動できないでしょう。植木鉢や自転車とは、全く性質が異なる訳です。植木鉢や自転車のような物は、「動産」と表現されます。容易に動かす事ができるからです。しかし土地のように簡単に動かせない物は、不動産と呼ばれる訳です。そもそも「不動」という表現自体が、それを物語っています。簡単には動かせないので、この表現になっている訳です。ちなみに自動車の場合は、やや特殊です。動かすことはできるものの、実は車も不動産の1つであると見なされます。法律によって、不動産扱いになる訳です。ちなみに土地物件に深く根を下ろしている植物も、不動産扱いになります。根っこによって地面に強く固定されている訳ですから、簡単には移動できないでしょう。その不動産と動産の大きな違いの1つは、価値の高さです。基本的には、不動産物件の方が価値は高いです。建物の販売価格を確認してみると、それをよく実感できます。都会エリアにある建物は、1億円を超えているケースも多いです。都会エリアなら、土地物件もかなりの価格になっている事もあります。売却価格も、かなり高めになる事が多いです。ですが動産の場合は、全体的に価格は低めです。中には例外的な物もありますが、基本的には不動産物件よりは価格は低めになっています。
Tagged on: ,CREWRAISE