ながた内科クリニック

医療法人社団 卓心会は、府中市全域と調布市・稲城市に展開している、内科総合診療・訪問診療・訪問看護・居宅介護グループです。皆さまがより「いきいき」した生活が継続できるよう、グループ一体での包括ケアでお支えします。地域の皆様に価値ある総合支援サービスを提供してまいります。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

病院前には、調剤薬局が併設されています。医師の指示のもと、薬が必要となる患者さんに薬を調合し、服薬指導まで担う薬剤師が携わるのが調剤薬局です。また、ドラッグストアや介護サービス付き老人ホームなど、医療・健康・介護関連の施設も病院前に続々とオープンしています。例えば、眼科があれば、近くには眼鏡屋やコンタクトレンズの販売店などがあります。医療用となるコンタクトレンズは、誤った使い方により結膜炎になったり、眼科にお世話になることも無きにしも非ず、だから提携しているところもあるようです。コンタクトレンズショップでも、目の病気の有無を眼科で調べてからコンタクトレンズを販売する仕組みです。また、耳鼻咽喉科と連携する病院となるのは眼科、いわゆる花粉症の治療に受診する患者さんの手間を省くことができます。対応のスピードが魅力のようです。眼鏡屋として機能しながらも、補聴器を扱うお店も、耳鼻咽喉科という病院前にオープンしていることもあります。病院と一口にいっても、クリニック、診療所などの名称も同じ医療機関です。ただ、規模であったり、医療機器の数などの違いがあるだけです。病院といっても、人を診るだけでなく、動物を診る動物病院も立派な医療機関です。犬や猫など、家庭で育てるペットはもちろん、爬虫類専門などの動物病院もあります。また、こうした動物の力によって病気の回復に役立てることのできるアニマルセラピーも病院によって取り入れられています。病院というのは、来るもの拒まずです。早期発見を第一に考えるからこそ、軽傷・軽症でも受け入れ体制が整っています。急患、新患の受け入れを強化している病院もあり、過疎化が問題化されている地域では必要となる医療機関です。また、こうした過疎化が問題化する地域では、医師が派遣されていたり、訪問診療というサービスで対応することもあるようです。今、色んな形で病院にかかる患者さんが少なくありません。
Tagged on: ,ながた内科クリニック