[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売

Excel・Wordのバーコード作成ツールならBarcode.Office。Office 製品に限らずブラウザ等多くのアプリケーションからバーコードを作成することが可能です。まずはBarcode.Office をダウンロードしてお試しください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ここ最近では、バーコードは多彩になりつつあります。商品の値段を読み取るだけでなく、支払いにも活用できるからです。最近では、商品を買う時にスマホを活用する方も増えてきています。商品を買いたい時は、確かに現金という手段もあります。ただ現金には、小銭のやり取りに関するデメリットがあります。お財布の中の小銭を増やしたくない時などは、1円玉や10円玉などをレジ打ちしてくれる従業員に渡すこともよくあります。しかし小銭を用意するのは、少々面倒という声も多いです。そこでスマホ決済を活用してみる訳です。その具体的な手順ですが、まずは指定のスマホアプリを立ち上げます。アプリを立ち上げてみると、画面にバーコードが表示される訳です。そのバーコードには、お金の支払い機能があります。ある意味電子マネーのようなシステムになっていて、事前にチャージしておけばお金を支払うことができます。もしくはクレジットカードやデビットカードに紐づけして、バーコードでお金を支払う事も可能です。その方式であれば、わざわざ小銭などを準備する必要はありません。来店客にとっては非常に便利なので、最近ではスマホ決済を使用する方も増えてきています。またスマホ決済によっては割引もあります。決済会社が指定するポイントを受け取れるアプリも少なくありません。現金では、そのポイントを受け取れない訳です。バーコードと聞くと、コンビニの値段読み取りをイメージする方も多いです。商品のどこかにあるバーコードをセンサーで読み取って、決済処理を行っているお店は多いです。しかしバーコードの機能は、値段読み取りだけではありません。上記でも触れた支払いの機能もあります。冒頭でも触れた通り、バーコードの機能は徐々に進歩している訳です。ちなみにバーコードに関する開発や研究は、今も進められています。今後その研究が進めば、さらに便利なシステムが登場する可能性もあります。
Tagged on: ,[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売